ワイン好きであれば、誰もが憧れるであろうスパークリングワインのひとつ、「シャンパン」。
自分もワインファンになったきっかけはシャンパンで、知れば知るほど、その世界観の深さに感銘を受け続けています。

さて、そんなシャンパン。やっぱり、売るなら高く売りたいですよね!
ここでは、シャンパンを買取すための注意点をこっそり教えます!

買取時の注意点① シャンパンは発泡性のお酒なので炭酸が抜けないように注意する

シャンパンは、ワインの中では「発泡性ワイン」の種類になり、一般的に流通しているワインとは違うんです。

普通のワインは「スティルワイン」なんて呼ばれていますが、シャンパンはそういった発泡のないワインではなく、シュワシュワした炭酸が液体に溶け込んでいる、炭酸アルコールの部類になるわけです。

そうなると、シャンパンの魅力はやっぱり、その炭酸がもたらす爽快感!抜栓した後、スポン!という音と共に液体が出るシーンにテンションが上がりますが、あれがないシャンパンは見ていても盛り上がらないですよねー!

勘の良い人であればお分かりいただけたと思いますが、炭酸が命のシャンパンだけに、買取前に抜栓したり、炭酸が抜けている状態だけは絶対にNG!完璧、未開封の状態で持ち込むことを前提としておきましょう。

② シャンパンはワイン以上に劣化しやすいので、保存環境には特に気を遣う

ワインはワインセラーで…なんて、言われますよね。ワインは、温度や光、振動に敏感で、適した環境で保存しておかないと、どんどん劣化が進んでしまうんです。

まあ難しいことを言うと、水分のクラスターが崩れたり、液中の化学成分が酸化されやすくなったりするので、そのワインが本来持っているポテンシャルが楽しめないんです。

シャンパンなんかは一般的なスティルワイン以上に繊細なため、温度管理、酸素管理、光の管理には徹底しなければいけません。炭酸を振ったり、温度が高過ぎる環境で保存していたら、誰だって劣化しやすくなるということがわかるでしょう。

買取の際は、「ワインセラーでしっかりと保存していた」ということがわかれば買取額アップに繋がるわけです!

③箱などの付属品がある場合は揃えて買取に出す

シャンパンは高級ワインです。さらに有名メゾンのプレステージとなれば、セレブの証と言っていい扱いを受けます。

当然、そのブランド価値を高めるために、公式な場所で購入すれば化粧箱や特別な付属品が付いてきます。

実は、シャンパン買取で重要なのはワインそのものだけではなく、「付属品」もなんです!買取店は自社でコレクションしたいから買取するのではなく、新たに売るために買取を行います。

もしアナタが高級シャンパンを買う時に、化粧箱無しとアリだったらどちらを購入するでしょうか?多少価格が高くても、フルセットを購入したいですよね。こういった理由もあり、シャンパン買取には付属品が必須なんです!

④ 複数の買取店に査定を依頼する

例えば、ヴーヴ・クリコのシャンパンを買取してもう時、アナタだったらどんな買取業者にお願いしますか?

まさか、近所の適当なリサイクルショップに持ち込む・・・なんて、もったいない事をする人はいないでしょう。(いないと思いたい)
シャンパンをはじめ、ワインは”買取業者がどのような業者なのか”徹底的に調べ比較してから売ってください!!

その理由は、

  • 酒専門業者でないと正確な査定ができない
  • 酒関係の販路が狭い
  • きちんと保存できない

など、いろいろあるからです。

おすすめは、酒専門はもちろんワイン専門の買取業者であり、公式ホームページがあって買取実績があること。最新情報が常に更新されていて、販路が広く、クチコミなども高評価であるというところです。

高級ワインだからこそ、1円でも高く買取してくれる買取業者でないと、がっかりしてしまいますよね?面倒かもしれませんが、”買取業者比較だけは時間をかける!”
これだけは、覚えておいてください。