気の置けない仲間たちとの楽しい夜…。
飲み会やパーティーで、シャンパンを楽しむ人も多いと思います。

飲むだけで飲んだ後、空瓶を燃えないゴミの日に出してしまう、というのが一般的な流れですが、僕的にはそれはあり得ません。

なぜなら、シャンパンボトルは売れるからです!ここでは、中身が空のシャンパンでも買取してくれる、という驚きの事実と注意点について解説していきますね!

ちなみにシャンパンはコルクだけでも買取可能です。気になる方はリンクをクリックして、記事を読んでみてください!

高級なシャンパンはボトルだけでも買取に出せる

シャンパンは、高級品です。恐らくフランス国内最高レベルの厳しい法律のもとで製造されており、市場に出回るまで時間がたっぷりかかっているので、数千円から数万、ものによっては数十万円という価格で出回っています。

さて、そんなシャンパン。世界中にはコレクションとして取っておきたい、という人もたくさんいるんですよね。
要するに、中身が空っぽなのにもかかわらず、ボトルだけでも買取してもらえるということなんです。特にドンペリやクリスタル製のボトルのルイロデレール、サロンなどの高級シャンパンの場合、空ボトルでもなかなか良い価格で買取してもらるわけです。

もちろんあまり高くないシャンパンの場合、空ボトルの買取額は高額になりにくいんですが、まとめて売ったり高級シャンパンと一緒に持ち込むとプラスアルファ査定してもらえる可能性もあるので、諦めないでくださいね。

ボトル買取時の注意点

さて、シャンパンボトルであれば、実は高く売ることができるとお伝えしました。とはいえ、やはり気をつけたい部分はいろいろあります。

例えば、ラベル汚れや破れてしまっているなどです。もしあなたがコレクターだった場合、ラベルがボロボロで正直何のワインだかわからないようなシャンパンボトルを買取たいでしょうか?「これ、ドンペリだぞ」と言い張られたとしても、コレクターとしては「それは勘弁してよ」ということになりませんか?
ただ中身が重要、という人であれば別ですが…。コレクターや空ボトルを欲しているお店の場合、重要なのはキレイな状態でボトルが残っていることです。

もちろん、中身が半分残っているとか、付属品が無くなってしまったとか、そういったことでも価格が下がってしまうので注意してください!

傷の有無は買取額に大きく影響する

ラベル汚れもそうですが、傷にも注意を向けたいところですね。正直、ヴィンテージものの高級シャンパンであれば、ラベルに汚れや破れが出てしまうのは致し方ありません。

キレイにこしたことはないんですが、やはり時代を経て残ってきたものの良さ、というのがそのラベルのくたびれ具合からも伝わりますからね。
買取価格はちょっとだけ下がるかもしれませんが、多少は譲歩してもらえるかもしれません。

でも、ボトルの傷は少々ダメージが大きい。例えば、シャンパンだけでなくワインの空ボトルを並べた場合に、ラベルが無くてもキレイなボトルが並んでいるだけでサマになりますよね。
そこに、ボロボロに傷ついたボトルがあったら、「あれ、どうした?」となりませんか?

もちろんコレクター目線で言えばそうなりますが、空ボトルを買取するということは、要するに「芸術品」を買取しているようなもの。その商品に傷がついていたり、割れてしまっていては厳しい、ということなるわけです。

ボトルは洗わずに査定に出したほうがいい

ほこりや汚れが自分で取れたとしたら、それは除去した方が買取価格が高くなる可能性があります。買取店のスタッフの労力が削減できるため、人件費分が査定額から引かれなくて済むからです。

となると、「シャンパンの空瓶を売る前にはきれに中身を洗浄しよう」と思う人が出てきても無理ないですし、普通はそう考えるでしょう。

しかし、シャンパンは奥が深い!実は、高級シャンパンが空になった後にその香り、つまり残り香を楽しむコレクターもいるということです。「そんなことがあるの?」と、思われたでしょう。
高級シャンパンの香り、というのは中身が空っぽになっても、マニア心を揺さぶるものなのです。

ボトルには偽物も存在するので注意!!

高級シャンパンの空ボトルが、高く売れるということをお伝えしました。でも、もっとも注意してほしいことがあります。それが、偽物が多く出回っていることです。

公式なルートでシャンパンを手に入れ、それを飲み干した後に売るのが正攻法ですが、中には、空ボトルだけを何らかのルートで手に入れた、という人もいるでしょう。

自宅にあっても仕方が無いないと買取店に持ち込んだ時、それが偽物だと判断されてしまうこともあるのです!正直、シャンパンボトルにブランドメゾンそっくりのエチケットを貼れば、素人にはわかりません。

それをいいことに、悪質な商売をする人も世の中には多くいるんですよね…。
正式に手に入れたわけでない高級シャンパンボトルがあったら、迷わずにまずは相談。
下手に疑われるのは、損ですからね。